So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
【和香死去】 ブログトップ

【福ちゃん、和香をよろしくね】 [【和香死去】]

暖かいコメント、本当にありがとうございます。
福ちゃんと和香は幸せだったと思います。

福ちゃんが旅立って、ちょうど1週間。 和香も旅立ちました。
きっと、福ちゃんが和香をエスコートして一緒に橋を渡るために待っていてくれたのだと思います。

Page0045.jpg


Page0046.jpg


Page0047.jpg


Page0048.jpg


Page0049.jpg


Page0050.jpg


Page0051.jpg


Page0052.jpg

ご訪問、暖かいコメント本当にありがとうございます。
ふたりはいなくなってしまいましたけれど、悲しむばかりでなく、ちゃんとすごしています。
ちびこは、寂しさのせいかすごく甘えん坊なので出来るだけかまってあげています。小雪は幸いにして、事情は良くわかっていないようで、無邪気にすごしています。神社の子達はそこまで二人と親密でなかったせいか、マイペースで過ごしています。

もし、良かったら、二人にお別れのコメントを書いてあげてください。二人とも皆さんのあたたかいコメントによろこんぢるとおもいます。

nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:ペット

【和香との最後のお別れ】 [【和香死去】]

いつも、暖かいコメント、本当にありがとうございます。

福ちゃんと和香は逝ってしまったけれど、他の子達のお世話は引き続き必要。 当然ながら立ち止まっている分けにはいきません。 でも、時々、ふと手がとまってしまうときがあります。 福ちゃんも和香も、色々ケアが必要な「特別な」子だったので、家そのものが二人のためのスペシャルと化している。 どこを見ても、福ちゃんと和香の為の造作がある。

福ちゃんのための階段状のダンボールとあちこちに作られた専用アジト。 台所のシンクに並んだ和香の為の沢山のシリンジ、流動食を作ったり、薬を混ぜたりする食器、ぶら下がった輸液バッグ。 色々な「スペシャル」がありすぎます。




今日、和香の葬儀を出しました。 最後のお別れを前に、和香をいつも大好きだった場所に寝かせたり、抱きかかえて外を見せたりしました。 和香は窓から外を見るのが日課だったから。

和香は亡くなる当日まで、ご飯を食べさせてもらっていたので、まったくやつれていませんでした。

まるで眠るような和香
送る前、今までの曇り空がうそのように晴れ渡りました。
DSCI1641.jpg


DSCI1635.jpg


DSCI1639.jpg


DSCI1633.jpg





入院前の和香
DSCI1532.jpg

DSCI1522.jpg





今日のちびこと小雪
ちびこはすごく甘えん坊です。
DSCI1669.jpg


小雪は8月15日で1歳になりました。
焼きかつおとドライささみでお祝いをしました。
こんなときだったのであまりかまってあげられなくてごめん。
DSCI1658.jpg


神社の子達も元気です。
姉さんは相変わらず、「シャー!!」って言うし、
妹さん(三毛子)は今日爪切りしました。 だんだん慣れてきています。
茶々君は相変わらずびくびく。 ここ数日、ベッドの下に隠れています。 落ち着いてはいるけれど。



nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:ペット

【和香もまた…   逝ってしまいました】 [【和香死去】]

いつも、暖かいご声援をありがとうございます。
福ちゃんへの皆さんの暖かいご声援、本当に感謝しています。



2017年 8月19日 14時10分
和香もまた、旅立ってしまいました。
明日までは夏休みでずっとついてあげられるけれど、月曜からは仕事が始まってしまう。 そんな事情を知っているかのように、今日、旅立ってゆきました。 律儀に葬儀のための1日を残して… そんなこと気を使わなくていいのに…



最後まで意識がはっきりしており、困難な呼吸のなかでも、頭をなでてあげるとうれしそうに顔を手に摺り寄せてくれていました。

いま、和香は家に帰ってきています。最後まで、(経鼻カテーテルとは言え)ご飯を食べさせてもらえた和香は体重は入院当時より多い2.75kgまで増えて、ふっくらしており、まるで眠っているようです。

和香が来たのは、1年と14日前の2016年8月5日のこと。
わずか1年強しか一緒に生活していないのですが、まるで何年も一緒にすごしてきたような気がします。 手がかかるという点では福ちゃん以上だった和香。

経鼻カテーテルをつけたまま退院したころは、1日に200ccの流動食を食べさせ、70ccの点滴をする必要があり、50ccずつ1時間の間を空けてあげる必要性から5時起き、1時寝の生活が当たり前になり、カテーテルをはずしてからも、自発的に食べる量が少なく、経口の強制給餌を併用せざるを得ず、体重の減少、貧血の進行との闘いの毎日でした。

買い物にいっても、どれだったら食べてくれるか。どうしたら食べてくれるか。そんなことを沢山悩み、色々なフードを買ってみたものでした。




8月12日に福ちゃんが旅立ち、ちょうど、1週間。 和香までもが旅立ってしまいました。


福ちゃんは自分にとって磐石の信頼のある相棒。 貴様と俺と呼び合う仲だといいましたが、和香は誤解を恐れずに言うなら、自分にとって恋人のようなものだったでしょう。


ふたりが相次いで去ってしまって、茫然自失の気持ちです。
でも、福ちゃんは和香のこともとてもかわいがっていたので、きっと向こうで福ちゃんにかわいがってもらっているでしょう。 去年、和香が初めてうちに来た8月5日の日、ちびこはびびって距離を置いていましたが、福ちゃんは、和香にさっと近寄って、顔を舐めてあげ、受け入れてあげる態度をはっきりと示したのです。

和香も福ちゃんのことが好きで、よく寄り添って寝ていました。








夜、ちびこたちのご飯をあげないといけないから、ご飯の補充の買出しに出かけたけれど、
さびしい。 目に入る景色がガラス越しの遠くの世界の景色のように感じます。

IMG_5284.jpg

IMG_5286.jpg


IMG_5481.jpg


DSCI4048.jpg


DSCI4484.jpg


DSCI4486.jpg

DSCI4098.jpg


DSCI4096.jpg


DSCI4287.jpg


DSCI4285.jpg


DSCI4234.jpg


DSCI4235.jpg


DSCI4236.jpg


DSCI4295.jpg


DSCI4309.jpg




2017年8月19日
10時30分
病院着。センター長から病状の詳細を聞く。良くない…
 BUN130オーバーになり測定不能 17日125
 Hct14 17日16
 Tbil2.9  17日0.9
貧血が若干悪化。黄疸の症状が出ている。
おしっこは出ている状況との事で、BUNが上がるのは腎臓機能の喪失が進行している可能性が高い。最後の手段として、点滴量を4→8ミリリットルへ増やす。肺水腫のリスクあるが他に手なし。とセンター長。

まだ意識はしっかりしており目をばちぱちさせたりの反応がある。呼吸は落ち着いている。

11時00分
ご飯20cc。問題なく飲める。 モンプチのスープあげると飲んではくれなかったけれど、顔をあげる。撫でてあげたらすごく喜ぶ。意識はとてもしっかりしている。酸素濃度が下がるため、ドアがごく短時間しか開けられないのがつらい。

11時40分
センター長、聴診。肺の音からは水はなさそうなのでこのままの点滴量を維持しようという方針になる。

12時00分
20cc給餌。数値だけでみたら悪いが見た目の容態は安定して見える。

12時30分
体位転換の少し前から呼吸が荒くなる。体位転換後にさらに悪化。気管拡張の薬を投与。

12時50分
呼吸は相変わらず速いまま。 意識はある。手を振ると目がばちぱちする。よだれが出ている。もしかしたら、意識があるうちにさわってあげられるのはこれが最後なのでは…という思いに駆られる。 酸素が下がるのを恐れつつも、ドアを開けて拭いてあげる。意識はしっかりしており、うれしげに反応する。

14時10分
呼吸困難。緊急措置。
人工呼吸器、バイタルメーターがICUへ運び込まれる。ICUはごった返す。ICUを出て外で待機する。 挿管がうまくいかない。 何度か酸素室と処置台を往き来する。 自発呼吸戻らず、心臓も停止。心臓マッサージで動くが、手を止めると停止してしまう。
ICUの外から声をかける。届かないとはわかっているが、呼び掛ける。ICUの中に入るよう促され、多数のコード、チューブを避けながら、先生達や看護師さん達の邪魔にならないように処置台の横から名を呼び掛ける。

心肺停止して20分、一度、心拍が戻るがやがて止まる。まん丸の目…もう、すべてが終わったのを実感する。心拍数は完全に0になってしまった。



蘇生を諦める。




病院からタクシーで和香と一緒に帰宅する。先生方、看護師さん達が見送ってくださる。
和香は、病院でご飯を食べさせてもらっていたし、最後の日でさえチューブで60cc食べさせてもらったので、全然やつれていない。まるで眠っているみたいだ。

ちびこと小雪はただならぬ気配に気がついたらしく駆け回る。
和香が死んでしまった事を気づいて欲しいので和香を床の上に寝かせる。

ちびこは回りをぐるぐるしてはアォンアォン鳴いている。やがて離れて行った。どうやらわかったらしい。小雪は何の事か全然気づかず、和香の足下でボール遊びに興じている。

和香が来て1年と14日。
こんなに短い時間しか一緒にいなかったのに、まるで何年も一緒に過ごしたような気がする。

nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:ペット
【和香死去】 ブログトップ