So-net無料ブログ作成
検索選択
【08年01月うちの猫】 ブログトップ
前の10件 | -

【もこは人間大好き】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。
昨日の小縞の記事で、べっこらさんが人間のように寝ている小縞を「人なのでは?」とコメント下さっていましたが、
「そうか、人だったのかな? 小縞君。」 「小さい小人さんが小縞君のぬいぐるみを着ているのかも知れません(笑)。」

前回の記事で記念すべき 3000nice! に達しました!! 今回、キリ番を踏んでくださったのは charさん。 ありがとうございます。
ここまで来たのも皆様のご訪問、nice!、コメントのおかげです。
  2999nice! のまぐろとわさびさん
  3000nice! の charさん
  3001nice! のmisuke-yotaさん
の3人の方にキリ番記念カードをお作りさせていただきます。 とはいえ、ちょっとお待ちください。時間が…

今日はまだ早めの帰宅だったけれどそれでも23時。 あっというまに明日になってしまうのが悲しい。今は少し雨が降っています。天気予報は雪になるかもなどと言ってるのですが、雪にはならないでほしい。 外の猫達の為にも。

今朝は嬉しい事が一つあった。 それは、パタパタ君に会えた事。 彼に最後に会ったのは夏の前だったように思う。 それっきり全然姿を見せなかったし、今年の夏はことのほか暑かったし。 どうしているか心配でした。
今朝、駅に行くまでの途中、スナックの建物の隙間にパタパタ君が。 「パタパタ君」と呼びかけると、振り向いてくれたので、焼き鰹をおいてからゆきました。 パタパタ君は懐いていないので、見ていると食べにくいだろうから。 元気でいてくれて本当に良かった。

この写真は去年のGWの頃に撮ったもの。





こちらは実家のモコちゃん。 モコは捨て猫だったときにとても苦労したせいか、家が大好き。人間が大好き。 人間に捨てられてしまったのにそれでも拾ってくれた人間が大好きなモコちゃん。人の傍を離れてしまうと一人ぼっちになってしまうと思っているのか、いつも人間の傍にくっついています。
布団で寝ているをすぐ隣にきてチョコンと。

「モコはお家大好きニャ」


「お外はコワくてお腹がすくから嫌ニャ」

【寝る子は育つニャ】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。
湘南地区、今日の日曜日は綺麗に晴れていました。 髪を切りに行く時に空を見上げると、澄み切った蒼空に飛行機雲が二条、刷毛で曳いたように延びています。 カメラを持っていなかったのがちょっと残念でした。

今日も神社の縞君達にご飯を持ってゆきました。 今日はカメラを持たずにいったので、写真は撮れませんでしたが、縞君、三毛姉妹、茶々(兄)君ほか、いつも来るメンバがいました。 縞君は日向ぼっこをしていましたが、目が合うと、ひょいと飛び降りてタタタっと駆け寄ってきます。  外の子だけれど、顔をちゃんと覚えてくれるのは嬉しいです。縞君は鼻先をチョイチョイっとだけ触らせてくれます。

今日はカメラを持って歩かなかったので、写真は以前実家に帰った時の小縞。
一緒に炬燵で寝ています(笑)。

まるで人間みたいに、布団をかけてスヤスヤ。


人の手を枕にして、いい気持ちで寝ています。
仰向けで寝てるのがますます人間みたい(笑)。


向きを変えると、こんな感じ。

こちまはかわいいな(親ばか)。 






私の好きな料理(料理とはいえないかも知れないけれど)

キャベツを半分、それにベーコンを数枚小さく切って載せ、少しだけの水を入れて鍋で弱火で30分くらい煮ます。 鍋に蓋をして、入れた少しの水だけで蒸すような感じで煮ます。 水が切れないように少しずつ差し水をしながら。 上に載せたベーコンの塩味だけで塩味がついて、あとはキャベツの甘みとで結構美味しく食べられます。 パン屋で買ったパンと一緒に。 結構美味しく食べられるのでお気に入りです。 この写真でキャベツ1/8。


【ご自慢のしっぽ】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。
なんとも忙しくて、更新も、皆さんのブログの訪問も思うに任せません。
この記事は走っている東海道線電車の中で書いています。

昨日は雪でした。本当に寒く、外猫たちはかわいそう。 昨日も今日も、朝、公園と神社を回ってご飯を持ってゆきました。 縞君たちは寒くても元気に過ごしていてくれるのはうれしいことです。 

昨日の記事で紹介したミーは年上のちびやモペットが生きていたころはとても控えめで目立たない子だったのですが一番年上になったらとても甘えん坊の子になりました。 年上の先輩がいるときは甘えるのも我慢していたのかも。

今日はミミの尻尾のお話。
ミミは声を掛けると尻尾をピコピコして返事をします。 ミミは殆ど鳴かないのですが、尻尾がとてもよくしゃべります。

呼ばれると、尻尾の先の白いところだけをピコピコ…。 

呼ばれた時以外も尻尾をウネウネさせたり、パタ~ン、パタ~ンと振ってみたり、色々な信号を発信しています。 まるで手旗信号みたい。


「ミミは尻尾で手旗信号ができるニャ。 ちゃんと読み取れてるかニャ?」


【ミーはご機嫌】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。 なかなか時間がなくて、個別のコメントにお返事できなくてすみません。
でも、皆様の暖かいコメントは全部拝読させていただいています。 ありがとうございます。

今日は湘南も寒く、少し雨も降っていました。 雪にならなかったのは良かったけれど。
今朝、会社の行きがけに神社と公園に寄って、猫さん達にご飯をあげてから行きました。 まだ6時半前なので殆ど真っ暗。 でも、黒猫のぴいちゃんと白黒さん、三毛姉妹と茶々(兄)君が顔を出してくれたので、焼き鰹をあげました。 朝はさすがに時間がないので缶詰でなく、焼き鰹にしてみました。


今日はコンデジで撮った実家のミーちゃん。 ミーは東京の後楽園駅をさまよっていたのを妹に拾われました。
気がつけば、もう18年も前の事。 今では、18歳で実家のニャンズの最年長になりました。 ミーは電話をしていると横でニャーニャー鳴くくせがあるので実家に電話すると、いつも後ろでミーのニャーニャーが聞こえます。
ミーは全身真っ白の白猫です。 真っ白猫って、知的な感じがすると思います。

「電話はいいいから、ナデナデしてよ~」
ミーは抱っこは嫌いですが、ナデナデは大好き。

「おふとん、ふかふかで気持ちいいニャー」

「うーん、極楽極楽…」

毛皮、真っ白で雪みたい。
 
「ちょっとだったら、抱っこしてもいいニャ」
しばらくすると、「おろしてニャー」 といって降りていってしまうけれど、このときは、めずらしく、おとなしく抱っこしてくれました。




カメラのこと(ボケのまとめ)

総括すると、一眼レフで、ぼかしを使って写真を撮るには、
  ・絞りを開いてぼかす
  ・望遠レンズでぼかす
の2つの方法があります。

絞りを開いてぼかす方法は広角レンズでも望遠レンズでも使える手法です。
広角レンズ(35mm以下)で絞りを f2.8より開くと綺麗にぼけます。 f1.4とかf1.2のまで開くと相当ぼけるみたいです(私はそこまでのレンズを持ってないので実験できませんが)。

望遠レンズでぼかす方法は、焦点距離90mm以上にすると綺麗にぼけます。 望遠レンズでぼかす方法はファインダーで見たボケ感とさほど差が無い仕上がりで写るのでわかりやすいとおもいます。ズームレンズを使うと焦点距離を簡単に変えられるので楽です。


最近の一眼レフのレンズには、デジタル一眼レフ専用レンズというのがあります。
キャノンでいうと、EFSレンズというのがそれです。 フィルムカメラ用のレンズはEFレンズ

EFSレンズはデジタル一眼レフ専用ですが、EFレンズはフィルムカメラにもデジタル一眼にも使えます。 EFレンズはフィルムカメラ専用ではないので念のため。 EFSレンズというのは、デジタル一眼専用にしてその分小型化したレンズみたいです。 私はフィルムカメラしか持ってないので良く知りませんでした。

実は細かいことを言うと、キャノンのデジイチでもEFSレンズが使えないものがあります。 詳しくはお店で聞いたほうがいいと思いますけど、EOS-1Ds、1D、EOS 5DシリーズはEFレンズしか使えません。 EOS-1Ds、1D、EOS 5DがEFSレンズを使えないのはCMOS(撮像素子)のサイズが大きいからだそうです。 まあ、1D、1Dsも5Dもプロかセミプロ用ですから、あまり関係ないかもしれないですが。

ここでちょっとだけマニアックなうんちく。
デジタル一眼レフはCMOSのサイズが35mmフィルムより小さい(ESS-1Ds, 1D, 5D以外)ので、同じレンズをつけても、フィルムカメラより画角が狭くなります。 たとえばこんな感じ。

写真はフィルムカメラで撮ったもの。 同じレンズを使ってキャノンのデジタル一眼で撮ると、黄色い枠内ぐらいの範囲しか写りません。

つまり画角が狭いのです。 狭いという事は、望遠レンズっぽくなるという事。 例えば、50mmレンズをつけたデジイチの画角は80mmレンズをつけたフィルムカメラと同じです。キャノンのデジイチでEFSレンズが取り付けできるもの(※)はEFレンズの焦点距離でいうと約1.6倍のレンズ相当になるのです。 
※EOS Kiss Digital、X、N、20D、20Da、30D、40Dシリーズ。 CMOSサイズが小さいデジイチは APS-Cサイズ のCMOSを搭載したデジイチとカタログでには書いてあります。

EOS-1DsとEOS 5Dは CMOSのサイズが35mmフィルムと同じ なので、フィルムカメラと同じ画角になるのです。

なんだかわかりにくいのですが、デジタル一眼の場合、フィルムカメラより、多少広角よりのレンズを買うとフィルムカメラとの違和感が無くなる事になりますね。まあ、フィルムカメラと使い比べなければ差は気がつかないのでしょうけど。


【ミミちゃん、思いにふける】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問くださいましてありがとうございます。
明日の月曜は雪がふるのかな… いまのところ湘南はそこまで寒くはないようなのですが。 雪は猫さんたちにとって寒いから、できれば降ってほしくない。 ついでに言えば、東京電車も雪が苦手だから、降らないに越したことはないだろうな~。

ねえ、ミミちゃん。

「ウニャ?」

「ミミはね、」
 
「毛布でぬくぬくだから、どっちでもいいニャ。」
そりゃ、ミミはいいかもしれないけどさ、 外の子はそうでもないんだよ。

「そうだニャ。 ミミも外にいたんだったニャ。 あの時は大変だったニャ…」
と思っているかどうかわからないけれど。 ミミちゃん、家猫になれてよかったね。
 



カメラのお話(ぼけの続き)
昨日、記事の中で、綺麗にぼかすなら絞りを調整して…と書いたので、いつも絞りでぼかしを調整していると思われてしまいそうだけれど、実は私はもっと安直な方法でぼかしを制御してます(笑)。 絞りはぼかしを調整する王道なのですが、私はもっぱらズームレンズを使って、焦点距離を変えてぼかしを調整してます。

レンズの焦点距離によって、被写界深度はちがうので、焦点距離を変えられるズームレンズだと、ズームイン、ズームアウトで当然被写界深度も変わるのです。 ボケ大好きな私は、これを使って安直にぼかしの写真を楽しんでます。

たとえば、実家の猫の写真を撮る時に使うレンズ。

 Canon EF 28-105mm f3.5-4.5 USM II
f3.5-4.5なので、35mm近辺では開放してもボケは期待できません。でも、望遠側はそうではないのです。
このレンズを広角レンズでつかったときと望遠レンズで使った時の写真が、この2枚。

レンズの広角側(28mm)で撮影すると、こんな感じ。

おなじレンズでも、望遠側(105mm)で撮影すると、こんな感じ。

広角側(28mm)では背景までピントがあっているけれど、望遠側(105mm)では背景はなんだかわからないくらいぼけます。
これは、焦点距離によって被写界深度がかわるから。
Canonのカメラミュージアムによれば、このレンズの被写界深度は
   28mm で f5.6 のとき、1.5m先のものを撮影すると、1.14m~2.23m(1m強か…)の範囲でピントが合う
   105mm で f5.6 のとき、1.5m先のものを撮影すると、1.45m~1.55m(わずか10cm)の範囲でピントが合う
   出展
     http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/lens/ef/zoom10/data/ef_28~105_35_usm_dof.html
と書いてある。
だから、最初の写真では背景の戸棚の木目も見えるのに、2枚目の写真でピントが合うのはミミの頭のあたりだけという事になるのですね。 自分でも、数字を出してみると納得納得。

なんで、王道の絞りでのぼかし調整でなく、ズームなのかといいますと、平たく言えば楽だから。
絞りでぼかすのはファインダーを覗いたとおりに写るわけではないのに対し、焦点距離の差によるボケはほぼ、ファインダーを覗いたとおりにぼけるからわかりやすいんです。


ついでに、私が使っている他のレンズ。
このレンズは、外猫さん撮影用。 
 Canon EF 28-105mm f4.5-5.6 DO USM
このレンズは軽くて、手持ちで撮れる300mmズームなのが重宝して、最近、外猫さんに会いに行くときはかならずこのレンズ。
外猫さんはあまり近寄ると相手が気にするので、5m位離れて300mm側で撮っています。
いま、最も大活躍しているレンズはこれなのです。




最後は、猫さん撮影にはあまり出番がないレンズ。 よって、最近はお休み中の事が多い(笑)。

Canon EF28-70mm F2.8L USM
レンズの性能では抜群。 ズームレンズですが、広角でも望遠でも f2.8まで絞りが開くのが最大の強み。
とても明るいので、暗め室内でストロボを使わないで撮れるのがいい。ストロボは色がどうしても変わってしまうので。
でも、28-70mmでは猫を撮るには望遠側が足りないんですね。あと、猛烈に重いので、思い立った時にすぐ撮るという軽快さがなくて(笑)。 せっかくの高級品も猫に小判になっていますが、風景などを撮るととても綺麗です。

【日向はきもちいいニャ】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問ありがとうございます。

今日は、ちょっと曇り、それでもとても寒いです。 朝、15分程早く家を出て、神社に寄って行ったら縞君達がいたので焼き鰹をあげてから会社に行きました。 みんな、夜はどこで過ごしているんだろう…。 今度から朝、行きがけに寄ってあげる事にしよう。

仕事が早めに片付いたので、帰りがけにコーヒー屋でblogを更新しています。 店でベーグルとアイスコーヒーを注文したら、
 店員さん:「ベーグルは暖めてもよろしいでしょうか?」
 わたし:「いえいえ、そのままにしてください」
 店員さん:「暖めてよろしいですか?」
 わたし:「だから、駄目だったら~」
 店員さん:「アイスコーヒーですね?」
 わたし:「はい、アイスコーヒーです」
でも、出てきたのを見たら、ホットコーヒー… いくら寒いとはいえ…パンもコーヒーも、そんなに暖めたいのか?

ちなみに、私の席の隣のひとはバッグで席とりして、注文カウンターにいったきり、もう5分くらい戻ってきません。 すごいですね。平和ボケですね。私なんか10秒でも気になるのにな~。

昨日の記事でmisuke-yotaさんにトムが凛々しいと褒めていただきました。
親ばかだけれど、確かにトムは「凛々しい」という形容詞が一番似合うような気が… 小縞は…「無邪気」かな?

昨日の写真の続き。 日向でこちま君、いっしょうけんめい毛づくろい。

「こちまはナメナメだにゃ」

「肉球なめなめ~」

「あったか~い きもちいいニャー。」

「日向はいいな~」
 
「ね、トム兄ちゃん!!」

「そーだね~」


【トムはピカピカ】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。
今日の夜は「本当に」寒かったです。 湘南なので暖かいはずなのですが、駅から家まで歩くしばしの間だけでも寒いというより、冷たい風がつらかったです。 猫達、元気かな。 こういう寒い日は気になります。

実家のトム君。

んべんべっと 毛づくろい中。

トムの毛皮は、毛足が白で毛先が黒。 外から見ると、黒灰色なのに、毛皮をかき分けると下は真っ白なのです。
毛皮もピカピカで他の子たちとは手触りがぜんぜん違うんですよね。 



日向で気持ちよさそうにお昼寝…
 
こちまと一緒にお昼寝。
小縞とと並ぶと顔立ちがぜんぜん違うな~と思ってしまいます。

小縞と違って、まるで豹みたい。

我が家の豹も日向ぼっことお昼寝は大好きです。


【こたつはホカホカ。ホッカペもポカポカ】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。
今日は、昨日に比べると少し暖かい日でした。 猫たちも元気にしているといいけれど。

今日は、少し早めに仕事を切り上げました。 何で少し早めに切り上げたかは最後を見てください。

連休で実家に帰った時のこちま。


「こちまだよ。 こちまはホッカペでポカポカだよ」
小縞が寝ている下にはホットカーペットが敷いてあるんです。 小縞が寄りかかっているのはコタツ布団。 そりゃ、暖かいよね。

「気持ちいいニャ…」 こちまったら、コタツ布団に乗って、さらにホッカペに乗って、 暖かそう。 なんだかとても幸せそうです。

「ニェムニェムだよ~」
左においてあるのは枕です。
 
ちょっと後で見たら、枕とコタツ布団の間に挟まって気持ちよさそうにおなかを出してます。
「こちま、ホッカペ大好きだよ~」



今日はくるさんのブログ「くるねこ大和」の単行本の発売日。
早速探してみようと、わざわざ仕事を早めに切り上げました(笑)。 普通の帰宅時間だと、もう本屋が開いていないので。
本屋を色々うろついて見たのですが、なかなか見つからず…。 そもそも、「くるねこ」はいったいどんなジャンル本棚に並ぶ本なのか? それがわからず、うろうろ…
会社の近くの本屋では見つからず、東京駅の八重地下で2軒探すが見つからず…、もうあきらめようと東京駅に入った所で、京葉線ホームへと続く通路の途中にある本屋に気がついて、ここでなかったら今日は諦めようと思った4軒目。
とうとう発見!! うーん。文芸書のコーナーにありました。 
くるねこ

くるねこ

  • 作者: くるねこ大和
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2008/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
くるねこ大和」、お勧めです。 ほんわかとして、やさしくて、そしてほろりとさせてくれる。猫好きにはたまらないブログです。

実は、私がねこのBlogを書いてみようかなと思ったきっかけが「Finder Views」と出会った事。
かわいい姉弟のミルちゃん、キク君のラブラブぶりがつづられている写真のきれいなBlog。 この Finder Views のお気に入りLinkにあったのが、くるねこ大和だったのです。

【お昼寝こちま】 [【08年01月うちの猫】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。
今日は、天気も悪く、その上冷たい風が吹いていて、とても、とても寒い日でした。近所の外猫さんたちにご飯をもっていきましたが寒いせいかあまり姿を見せず、三毛(妹)さんとサビちゃん、くろちゃんがそれでも顔を見せてくれました。 ほかの子達が顔を出すかも知れないので、ご飯を余分においてきてあげたけれど、顔を出してくれるのと違って暖かいのをあげられないから残念。
缶詰以外に焼きかつおも一緒においてきました。

そんな寒さとは無縁なのが実家のネコズ。 今日はケージでご機嫌にお昼ねする小縞。 小縞はモモちゃんがいつも入れられているケージ(モモは薬を飲ませようとすると逃げるので、薬を飲ませる日はケージに入れてるのです)があいていると早速入っています。 実家に来たばかりのころ、ケージに入れられて過ごしていたので、ケージはマイルームだと思っているみたい。
ケージに入りたくてしょうがないのです。

「こちまだよ! こちまはね、お昼ねしてるんだよ!」

「こちまはね、お日なたでネムネムするのが大好きだよ!」

「あったかくて気持ちいいニャ!」

小縞はとても寒がり。外で暮らさなくて済んで本当によかったね。


【ミミのお気に入り】 [【08年01月うちの猫】]

いつもご訪問、ありがとうございます。
寒いですね。湘南でも風が凍りつきそうな感じに冷たいです。特に夜中は。

実家のミミはすぐに他の子をいじめるのですが、全員と仲が悪いかというと、そういうわけでもないのです。
ミミのお気に入りの子達もいるのです!! お気に入りの子は甘やかすくせに、そうでない子は時々、追いかけたりする…
ミミのお気に入りとそうでない子の判断基準はどこら辺にあるんでしょう…?


「ミミはいい子だからいじめたりしニャイニャ」

ミミちゃんのお気に入りは、くろ と ぎょむぎょむ。

くろちゃんはどういうわけか、どの猫にも好かれている得な性格。 あまり人にはなつかないのに、猫にはとっても好かれています。家の中の子だけでなく、外の子ともうまくいく、いい子ちゃん。

ぎょむぎょむはくろのお兄さん。
兄弟そろって、調子がいい性格で、これまたみんなに好かれてます。ぎょむ毛皮がピカピカの灰色なのです。
この二人、人にはそんなに甘えないんですけどね。 ミミちゃんには好かれてます。 ミミが舐めてくれるくらいだから!




「ミミはモタモタしてる子は気合を入れたくなっちゃうのニャ」
と、いってるかどうかわかりませんが…
くろ、ぎょむぎょむと一緒の兄弟なのに、どういうわけか、グレちゃんはミミに追いかけられちゃうのです。
グレがコソコソしてるから、追いかけると面白いと思われてるのかな…

「狩りたぬ 怖いニャ。 ビクビク」
グレちゃん、そうやってビクビクするからミミがいい気になって追いかけるんだよ~。


前の10件 | - 【08年01月うちの猫】 ブログトップ
メッセージを送る