So-net無料ブログ作成
検索選択
【いろいろ】 ブログトップ

【ミッキーとビスケット】 [【いろいろ】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。
ここ数日、急に涼しくなって来ました。 朝夜は窓を開けて空気が流れるようにしていると心地よく涼しいです。 このまま涼しくなってくれればいいのですが、そうはいかないのかな。

自宅は湘南の田舎なので、東京のようなヒートアイランド現象はないし、自宅の周りに高い建物もないので、窓を開けておけば、風が部屋の中を通り抜けて行き、気持ちよい感じがします。 北に丹沢、南に相模湾というロケーションなので、山と海の間で風が吹きます。 南と北の窓を開けると風が家全体を通り抜けて行き、爽やかです。

一昨日、帰りがけ、地下鉄の駅のホームの敷石の上をちいさなものが。 よく見るとミッキー君(ミニーかも)がチョコチョコと歩いていました。 丸っこいお尻が可愛かったです。 ミッキー君はすぐにホームの端っこの小さな(とは言ってもミッキー君にはちょうどいいくらいの)穴にもぐりこんで姿が見えなくなってしまいました。

地下鉄でミッキーを見るのは殆どないけれど、年に1回くらいはこんな出会いがあります。 ミッキー君が姿を消した穴の傍に、ビスケットを砕いて置いておきました。 気がつけば食べてくれたかな。


実家のニャンコ達、みんな元気にしています。 先日実家に帰った時、相変わらずこちま君は悪さをしてオチッコを垂れていました。
最近、小縞はすっかりコロコロです。 体が小さい代わりに横に太くなっています(笑)。 そのうち、ノミみたいにまん丸になってしまいそう。
koshima248.JPG
「こちまはお昼寝が大好きニャ。 寝る子は育つニャ」
横に育ってるけどね~(笑)。



チャム君はいつも顔を見るとコソコソ隠れていたけれど、最近はちょっとは顔を見せてくつろいでくれるようになりました。 チャム君の兄弟はみんな体が大きいので、ちゃむ君もこんな顔をして実は結構大きいです。
cyamu004.JPG


窓辺でギョムギョムが寝ています。
モフモフしたくなるようなフワフワ、艶々の毛並みがギョム君のご自慢。 でっかくて抱っこしがいもあります。 でも、おとなしく抱っこしないんですよね。 すぐジタバタ暴れてしまうので。
gyomu015.JPG
このお腹のあたりのモフモフ感がたまりません。
猫って、可愛いな~。


今日はちょっと早めに仕事を終わりにして帰りがけに更新です。 しかし、眠い…
気が抜けると一気に眠くなります。


思うこと [【いろいろ】]

ずいぶん、更新が滞ってしまいました。
更新を出来なかった間に、里親探しのサイトへのリンクにご協力くださいましたみなさん、ありがとうございます。遅ればせながら、感謝の気持ちをこめて、カードを作成しましたので、よろしかったら、お持ち帰りください。

 

今年の5月というのは私にとって、忘れられない月になるだろう。
連休中に以前お世話になった方の訃報に突如接する事になった。しばらくの間、死というものから遠ざかっていた私にとって、それは突然であり、かつ、準備を持って接する事が出来ない出来事だった。人生とは何なのか。その終局点である死とは何なのか。それをもう一度無理やり考えさせられる出来事が突如発生した。
これだけであれば、考える事を回避して、故人の思い出を強制的にアルバムに挟み込んでおしまいにする事もできた。事実、私はそうするつもりで、通夜に向かう電車の中で、「新調した礼服を初めて使う羽目になるとはね。でも、もう、当分出番はあるまい」と自分に言ったものだった。

しかし、それは自分の愚かしいまでの浅はかさだった。連休明けに私は再び、突如、今度は父の訃報に接する羽目になったのだ。  またも、全てが突然だった。何も心の準備をする事が出来なかった。突然にやってきた2つの死は私に人生の目的とは何なのかを再び考えさせている。
生きる事は正直に言えば、楽しい事は少ない。ゴールに向かって、ゴールまでの成果を意義有らしめるために歯を食いしばって歩く。それが生きるという事だ(と自分に言い聞かせてきた)
。しかし、それは意義ある成果がある場合にこそ、成立しうる。では、私はいま、その意義ある成果を積み上げているのだろうか。
私は今、自分の死生観がこうも簡単に、土台ごとぐらついている事に呆然としている。


これらの写真を撮っていたころ、私はやはり、人生に悩んでいた。次々とハードルを越え続けなければいけない事実、いつか越えられなくなるはずという恐怖。それでも、それに対し、意欲を燃やさなければいけない状況を、どう、納得するか、それを探していた。この時期の写真を引き出してきた直後に再び、このような問題に向き合う事になるとは、なんという、運命の皮肉だろう。


【いろいろ】 ブログトップ
メッセージを送る