So-net無料ブログ作成
検索選択
【07年5月うちの猫】 ブログトップ

【小縞、スイッチが切れる】 [【07年5月うちの猫】]

コメントくださった皆さん、ありがとうございます。
忙しくて、個別にお返事できるのがなかなか出来なくてすみません。

小縞はすっかりやんちゃ坊主で飽きずに駆け回り、人の手をガブガブ、ケリケリでボロボロにして、他の猫達に飛び掛っては駆けっこをして、で、疲れるとコロンと寝ています。

ガブガブ、ケリケリは皆さんのうちのネコズもお気に入りなんですね。
小縞もそのうちに、寝てばかりになってしまうのでしょうね~。他のみんながそうだから(笑)。
今回は、遊びつかれて寝ている小縞の特集です。

今、小縞はスイッチが切れて寝ています。本当に、寝ているときはまるでお人形のようにおとなしく寝ているんだけど。起きるときりが無く駆け回っています。いつも、昼間、お昼寝しているので、夜中になると目が覚めて2時ぐらいまで部屋中を駆け回っています。

[DigitalCamera FinecamSL300R]

「すぴー」


「ニェムニェム…」


「くかー…」
お日様があたる窓際で幸せ一杯、お昼寝中。


こんなカッコもしちゃって、リラックスしまくりです。



今回のおまけコーナー東京横浜の景色です。

誰でも知っている、東京駅の赤レンガ駅舎。夜はライトアップされていて、とても綺麗です。


皇居に正対して立てられ、正面の入り口は皇室専用。一般の入り口は両サイドのドームから。という構造がいかにも明治の立憲君主国らしいつくりですね。通勤経路が以前東京乗換えだったので、いつもこの駅舎を片目に通勤していました。


さて、こちらは港、横浜。桜木町。
太平洋の女王と謳われた日本丸が保存されています。こちらも夜は美しくライトアップされています。
以前、桜木町で働いていた時には、毎日、帰りがけに日本丸を眺めるのが日課でした。


こちらは朝の日本丸。
毎朝、早めに来て、会社に行く前に、日本丸の前で缶コーヒーでひと時を過ごしていました。ストレス解消にはもってこい。


そして、見上げれば、桜木町のもうひとつのシンボル、横浜ランドマークタワー…


nice!(15)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【こちま、ガブガブ】 [【07年5月うちの猫】]

コメント、nice! ありがとうございます。コメントへのお返事まで手が回らずすみません。とりあえず、記事だけ更新します。
ちょっと前の小縞の写真から。
小縞は猫じゃらし遊びと駆けっこと、ケリケリガブガブが大好きで、ちっともおとなしく抱っこしません。抱っこしようとすると、大暴れして、ケリケリ、ガブガブが始まっちゃいます。


小縞ちゃん、たまには抱っこしよう。
「いやなの~。小縞は駆けっこしたいの~」


ちっともおとなしくしていません。
「やだやだ~。駆けっこなの~。」


「えーい、もう、駆けっこがだめならガブガブなの!ケリケリなの!」
ゲシゲシゲシ!!!
こちまを抱っこすると後が大変です。

 


おまけ
1998年に仕事で1ヶ月程ポーランドのワルシャワに行ったときの写真(第2弾)です。「写るんです」の写真なので、画質はかなりいまいちですが雰囲気は伝わると思います。現地でも写るんですって売ってるんですね。驚きました。ちなみに、ドイツアグファ社の写るんですを現地で買って撮ったものです。
先日NHKでポーランドワルシャワ旧市街が戦災で破壊された後、いかにして復興されたかを放送していましたが、そのワルシャワ旧市街とポーランド王宮の写真です。
ポーランドは意外と日本とは近い関係があり、日露戦争で当時ポーランドを占領していたロシアと戦った国として、日本に対しては好意的な感情があるそうです。その後、ドイツと組んでポーランド侵略の片棒を担いだといえなくも無いのですが…。


ここはワルシャワ王宮の城門を出たところ。この中が王宮とワルシャワ市街なのです。中世の城砦都市は市街と王宮を要塞が取り囲んでいるのですが、まさにその通りの構造です。


遠くに見えるのがさっきの城門です。左側が市外、右側が市内です。市と外部の間は深い空堀で囲まれており、市街側は煉瓦の塀が市を守っています。


市外から堀越しに市内を見ると、こんな感じ。一部崩れていますが、左側の塀を見るといかに堅固に守られていたかがわかります。堀の壁も垂直だし、外から攻め込むのは大変でしょうね。
ところで、ポーランドは全土が平地が多いため、石の産出がありません。そこで、多くの城砦は煉瓦で造られているのが特徴です。西欧の城が石造りが多いのとは一線を画しています。


最後に、ワルシャワ市内にある無名戦士の墓です。
これは、第二次世界大戦でドイツとの戦闘で亡くなった兵士や義勇軍の市民達を偲ぶモニュメントです。中には炎が常時燃やされ、ポーランド軍の兵士が常時立哨しています。寒い中、頬を真っ赤にして、それでも身じろぎもせずに立っている歩哨が印象的でした。
ポーランドは、戦争の記憶を忘れるのではなく、きちんと次代に伝えてゆこうとしているようでした。市内にも多数の戦争博物館があります。日本で戦争の記憶はどちらかといえば過去の汚点のように隠され忘れようという傾向が強いのとは対照的です。しかし、このように戦争を忘れないという方針でありながら、ドイツと関係が悪いかといえば、そうでもなく、過去の辛い思い出を恨みに転化せずに保存するという取り組みがうまく行っているのかもしれません。

 


nice!(24)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【こちま、遊ぶ】 [【07年5月うちの猫】]

写真を最近すこしとっていないので、少し前の写真から、小縞の遊びっぷりを連続写真風にお伝えします。
小縞は猫じゃらしが大好き。目の前でふってあげると、すぐに、飛んだり跳ねたり、大暴れになります。


小縞ちゃん、猫じゃらしだよ。


「ん? こちま、それ大好きなの」


「うーん、こちま、そのぽわぽわしたのが
ほしいの」


「えい!!!」


「とりゃ!!」


「こちま、もっと遊んでほしいの」

 


おまけ
1998年に仕事で1ヶ月程ポーランドのワルシャワに行ったときの写真(第1弾)です。「写るんです」の写真なので、画質はかなりいまいちですが雰囲気は伝わると思います。現地でも写るんですって売ってるんですね。驚きました。ちなみに、ドイツアグファ社の写るんですを現地で買って撮ったものです。
先日NHKでポーランドワルシャワ旧市街が戦災で破壊された後、いかにして復興されたかを放送していましたが、そのワルシャワ旧市街とポーランド王宮の写真です。
ポーランドは意外と日本とは近い関係があり、日露戦争で当時ポーランドを占領していたロシアと戦った国として、日本に対しては好意的な感情があるそうです。その後、ドイツと組んでポーランド侵略の片棒を担いだといえなくも無いのですが…。


これは、戦後の社会主義ポーランドを代表する建築物、科学文化宮殿(だったかな?)です。社会主義体制下で作られた、ほぼ唯一の高層建築物だそうで、低層建築が連なる市内でこの建物だけが、周りを睥睨するようにそびえています。


これはワルシャワ王宮。13世紀頃に栄えたポーランド王国のものらしいです。ポーランドは石の産出が少ないため、多くの建造物は煉瓦製です。この王宮も煉瓦の落ち着いたたたずまいの宮殿です。内部はとても絢爛豪華なつくりになっています。


ワルシャワ王宮の近くにいた観光用の馬車です。さしずめ、京都の人力車みたいなものでしょうか。


こちらは、ワルシャワ旧市街。王宮のすぐ傍です。先日NHKの番組で紹介されていたように、建物の1階部分以外はほぼ完全に爆撃で破壊されてしまったものを戦後に飛び散った瓦礫をつみなおし、再現されたものです。建物の中には戦争当時の空襲やレジスタンス活動を伝える博物館などになっています。
ポーランドは画家の人が多いらしく、この広場でも沢山の画家の方が絵を売っていました。

次回もおまけコーナーでポーランド ワルシャワの思い出をご紹介したいと思います。


nice!(19)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【ももちゃんのおねだり】 [【07年5月うちの猫】]

色々な事がありましたが、平常心を取り戻してきました。ブログをご訪問くださった皆さんから、暖かいお言葉をいただき本当に感謝しています。

すっかり、更新ペースが鈍ってしまいましたが、、、実家のネコズの写真から、ももの甘えん坊ぶりをご紹介したいと思います。ももは、先代のみみと兄弟で2匹して拾われました。人懐っこいみみに比べてももは人見知りが激しくて、いつも棚とか箪笥の上とかに上がっていて触ることも出来ませんでした。もう、一生触れない猫なのかなと思っていたのですが、いつのまにか、甘えん坊に、それも、実家のネコズの中で一番の甘えん坊になってしまいました。一体、いつ変わったのか…あまりよく覚えてないんですよね。

でもとにかく、ももはいまや大の甘えん坊。人が近くにいると、早速やってきて、お尻ポンポンをしてもらおうと思ってすぐに寄ってきます。


「ねぇねぇ。」


「ほらほら」


「コロコロしちゃうよ。」


「ねえ、まだ撫でてくんないの?」


nice!(18)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【こちま成長記】 [【07年5月うちの猫】]

小縞が2006年12月に実家に来てから、はや、5ヶ月。小縞もずいぶん大きくなったなぁと思います。
今までblogにupした写真から小縞の成長ぶりを振り返ってみると…


2006年10月末。初めて小縞と出会った。小縞がまだ外で暮らしていた頃。この頃でももう歯が永久歯に生え変わっていたので結構大きかったといえば大きかった。この頃はかえって年より老成してしまったような顔をしていた。
考えてみると、小縞と出会ったのは、10月末で転職したため、残った有給を数日消化し、休みがあったから偶然散歩中に出会ったのだ。転職していなかったらこのタイミングではであわなかったろうな。そうしたら、どうなっていたんだろう。


2006年12月9日。実家に来て、1ヶ月程経った頃。実家に来たばかりのころの小縞はシラミのせいで毛刈りをされて、全身スポーツ刈りだった。1ヶ月程して毛が生え揃ってきた頃。安心したせいか、外にいたときより子供っぽい感じ。

 
2006年12月23日。 やんちゃぶりを発揮して遊びまわり始めた小縞。この写真でも「まろ眉」がはっきり。
猫じゃらしを狙っています。


2007年1月9日。 仕事用のファイルの上にでんと座って邪魔をする小縞。この頃になると、写真の撮り方によっては凛々しく見えるようになってきた。


2007年2月3日。 でも、まだ子供っぽい。小縞は拾われたばかりの頃、ずっと入れられていたケージがお気に入りで、いつまでも夜はここで寝ていた。お気に入りのケージで自慢げな顔。


2007年3月3日。 なんか、凛々しい顔になってきたなぁ。


2007年3月25日。とっても凛々しくなってきた。でも、まだガブガブとかケリケリとかしていてちっともおとなしくない。遊び盛り暴れ盛り。
この頃からブログの写真をおおきくしたんだなぁ…


2007年4月。相変わらず暴れん坊だけど…


2007年4月末。なんか、貫禄も出てきた感じ? でも、これは実は写真のせい、実際ままだまだ小さい。
小縞は一日中駆け回っているのでいくら食べても太らないみたい。若者の特権ですね。


nice!(10)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【小縞の眉毛】 [【07年5月うちの猫】]

5月4日の記事に対するコメントで「りるさん」から小縞に点々眉毛があるというコメントを頂きました。
言われてみると、確かに…


なんだか、お公家様の眉毛みたいです。
小縞は実はいいところの生まれなのでしょうか?


 この写真もとても眉毛っぽい。


nice!(12)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【遊ぶこちまに寝るこちま】 [【07年5月うちの猫】]

 小縞がなにやら一生懸命何かを見ています…。何を見てるのかな?

[DigitalCamera Kyocera FinecamSL300R]

小縞ちゃん、何を見てるのかな?


「こちまはね、とっても気になるの。」


「ほらほら、ここいらへんで、コソコソしてるの。」


「こちま、これがとっても気になるの」


「これこれ」
なるほど…これですか。


「じー…」


「とりゃぁ!」


「えぃ! えぃ!」


「手ごわいニャ」  じー…


「そこニャ!」 ベシ!


「こちま、いっぱい遊んで満足なの。」


「遊んだあとはネムネムなの」


「すぴー…」
こちまは散々遊んだあとはお昼寝です。


猫を家族の一員に迎えたいと思われている方、よろしかったらご訪問ください。盛岡で外猫達を助け、里親さんを探している方々のサイトです。 

 

 

閑話休題
最近、ニャンコスター号は車検を更新しました。連休だったので部屋の掃除と一緒に車も雑巾がけ。ワックスもかけたので久しぶりに綺麗になりました。

うーん、17歳には見えないお肌のつや。  かな。  こうして見ると金魚みたいで可愛い…(これまた親ばか)。


個人的には、このサイドの「ひょうたん」みたいな"くねっ"としたラインが気に入ってます。
猫のお気に入りは、屋根の、あの、ちょっとくびれて凹んでるあたりですね。ふわふわしてトランポリンみたいなのです。


nice!(11)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
【07年5月うちの猫】 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。