So-net無料ブログ作成

【福ちゃんは生きるために全力でがんばっています。人間も】 [【17年08月】]

いつも、ご訪問、ありがとうございます。


福ちゃんは8月1日の食道裂孔ヘルニアの手術の後、麻酔から覚めた後、15分に及ぶ心肺停止状態になってしまい、脳に重篤なダメージを受けてしまった可能性があります。


福ちゃんは今でもまだ手術台の上で酸素吸入を受けており、体を満足に動かすことができません。


それでも、初期の深い昏睡状態に比べれば、意識に基づく動作が見られるようになり、上体を起こそうとしたり、きょろきょろあたりを見回したりするようになってきました。



人間も、実家の母と妹の協力も得て、夜に日を継いで福ちゃんのそばに寄り添っています。


15分もの心肺停止がどれだけの損傷を脳に与えたか、今ははかることは出来ません。 半身不随などの障害を残すかもしれないし、記憶や思考などに障害が出るかもしれません。 でも、どんなことがあっても生きてほしい。





nice!(12)  コメント(5) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る